agaにはどんな性質がある!?特徴を知って早めに対処しよう

agaは時間をかけて産毛化していく

agaを発症すると髪質が弱っていき、最終的に産毛化していきます。抜け毛の本数が変わらないのに薄毛が進行している場合、髪が全体的に細く短くなっているはずです。agaは正常なヘアサイクルを崩し、成長期の期間を遅くしてしまうのです。髪が成長しきる前に抜けるので、全体的に軟毛になっていきます。人によっては縮れ毛になる、フケや皮脂が増えるなどの症状が見られます。洗髪後の抜け毛本数に問題がなくても、抜け毛が弱っていると感じられるならagaの可能性が高いです。

agaはどこから発生するのか?

agaは目立つ部位から発生するのが特徴で、生え際や前頭部などから発生します。注意したいのは頭頂部から発生するケースで、発見が遅れる可能性が高いです。頭頂部は非常に確認が難しいため、育毛サロンで定期的にチェックしてもらうのがおすすめです。側頭部や後頭部などから発生するケースは稀ですが、他の脱毛症も併発している場合は頭部全体が薄くなることがあります。育毛サロンやaga専用クリニックでチェックを受ければ、薄毛の種類が明確になります。

体毛が濃いとagaが発生しやすい?

男性ホルモンの作用が影響すると言われるagaは、体毛が濃いとリスクが高くなると言われています。ヒゲや胸毛などが多い人、性欲が強い人などはagaのリスクが高いと考えてください。こうした体質に由来するagaは、男性ホルモンの分泌を抑制して対処するのが得策です。発毛クリニックの薬物療法では、脱毛酵素を阻害する医薬品を処方してくれます。aga体質を変えるために役立ち、乱れたヘアサイクルを正常に戻していきます。

agaを新宿で早期治療するには、薄毛の改善方法を的確にアドバイスしてくれる専門家の存在が必要です。aga専門クリニックなら、気になり始めた抜け毛の原因もスピーディーに探れます。