どうすれば改善する?agaになってしまう原因と対策

agaになる原因とはなにか

agaとは、成人男性のおよそ9割が悩んでいる薄毛のことを言います。頭頂部や生え際などの髪が薄くなり、はげているように見えてしまう症状です。agaの症状は毛が生えなくなるというものではありません。毛が生えたとしても、成長しきる前に抜けてしまうということが特徴的な薄毛です。成長する前に抜けてしまうので、頭皮には若く細い毛しか残らずにはげてみえてしまいます。毛の成長サイクルが崩れる原因は多々ありますが、ホルモンバランスが崩れることが大きな要素です。男性ホルモンが多量に分泌されると毛は抜けやすくなりますが、女性ホルモンも十分量分泌されていれば薄毛とはなりません。しかし、ストレスや栄養不足などで女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、毛が抜けやすくなります。

十分な睡眠による対策

agaの対策としては、薬物療法などもありますが、身近でできることのひとつが十分な睡眠です。睡眠時間が慢性的に不足していると、体に疲労やストレスが溜まります。疲労やストレスが溜まると、血流が悪くなり、頭に栄養がいきわたりません。自律神経も悪くなり、ホルモンバランスが崩れるでしょう。また、夜寝ている時間は髪が成長する時間帯でもあり、十分な睡眠をとることで成長するのでしっかりと寝ることは重要です。

規則正しくバランスのとれた食事による対策

しっかりとした栄養を摂取していないと、髪の成長に必要な栄養が足りなくなり、髪が成長しません。脂っこいものやアルコールばかり摂取していると、血流が悪くなってしまい、自律神経も調子を崩してしまうでしょう。ホルモンバランスが崩れていずれagaとなっていきます。このようなことを避けるためにも、栄養バランスのとれた食事をとることが重要です。

agaを札幌で治療する場合には交通アクセスが良いクリニックが最適です。何度も通う事になるのでアクセス面は重要です。